遠近両用コタンクトレンズの選択

コタンクトレンズと聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。コタンクトというのは、目が悪くなったりした場合に、メガネの代わりに、またはメガネと併用して使用したりするものです。このように、目が悪くなった場合の選択肢として、このメガネとコタンクトが挙げられますが、現在老眼の方、または老眼になった方に需要が多いのが遠近両用コンタクトです。この遠近両用コンタクトは遠近両用メガネと比較した場合、なんといってもメガネの煩わしさから解放されるというメリットが存在します。遠近両用のメガネは目をその凝視する対象によっては目を上下左右に移動する事が多く、その為に目が疲れることがしばしばあります。

しかし、この遠近両用コンタクトなら、現在その素材もよくなり、メガネによる疲れよりは、よくなるのではないでしょうか。しかし、あくまでもコタンクトなので、その使用方法には注意が必要になってきます。例えば装用前にはよく手を洗いまた装用後は、その種類によっては消毒なども必要になってきます。

このように、遠近両用コンタクトは、いろいろと面倒な手間もありますので、もしこのコタンクトを利用したいと思った場合はそれぞれのメリット、デメリッとをよく検討して利用して下さい。


老眼になったら「遠近両用コンタクト」

よく近視の人は老眼にはならないという事を聞きます。しかし、これは稀で、近視の人でも老眼になる可能性があります。現在メガネをかけている方の中は、近視と老眼を両方持っており、その結果遠近両用メガネをしている方も多いかと思います。

このように、老眼になった場合、この遠近両用のメガネや遠近両用のコタンクトを選択する方が増加するものと思います。しかし、メガネは美容上の観点から、敬遠される方もいます。そういう方はやはり、この遠近両用コンタクトを最終的に選択するのではないでしょうか。この遠近両用コンタクトですが、初めてコタンクトをする方は
やはりそれに慣れるまでには結構時間がかかったりします。

また、目になかなか合わない方も中には出てくるでしょう。コタンクトには、その種類によって、ハードコタンクトとソフトコタンクトに分類されます。それぞれの目の形状によって、処方されるコタンクトも変わってきますので、注意が必要です。

もしこれから、この遠近両用のコタンクトをしようと検討している方は、その種類やしくみなどをネットなどで
勉強してみるのもいいでしょう。そうすることによってコタンクト装用後も仮に何かトラブルがあった場合的確な処方が取れるのではないでしょうか。

遠近両用コンタクトのデメリット

現在近視や老眼の方でメガネをかけている方も結構多いかと思います。このように目が悪くなると多くの方がメガネやコタンクトレンズを選択するのではないかと思います。またこれ以外にもレーザー手術によるレーシックも最近では需要も多くなってきています。しかし、手術には少し抵抗があるという方もいるでしょう。そんな方たちのために用意されているのが、遠近両用コンタクトです。

この遠近両用コンタクトはメガネと違って、その煩わしさからも解消されて、とても便利なものかと思います。しかし、いいところが目立っていますが、もちろんデメリットも存在します。それはどういうことかというと、例えば
遠近両用コンタクトも通常のコタンクトと同じく、装用後はその手入れをきちんとしないといけません。それを怠ると目にいろいろと異常が出てくる場合ありますので注意が必要です。また、目の中に入れるのでそれに慣れるまでに結構時間がかかったりします。中には、目に合わないために、せっかく作ったコタンクトを辞めてしまう方もいます。ですので、もしこの遠近両用コンタクトを装用する場合はよく、検討してもらいたいと思います。そして、自分の目にフィットしたものを装用してもらいたいものです。